ホーム > 商品情報 > 商品情報一覧 > ウイスキー > グレンターナー

商品情報

明治屋ブランドサイト

日本のめぐみ

スマートカップシリーズ

ガロファロ パスタ

おいしい缶詰シリーズ

カテゴリーから探す

グレンターナー

グレンターナー ラムカスク・フィニッシュは、オーク樽で熟成させた後に、仏領マルティニーク産アグリコール・ラムのカスクでフィニッシュさせたユニークなキャラクターのシングルモルト・ウイスキーです。

グレンターナー ラインナップ

グレンマレイ蒸留所

「グレンターナー」は、スペイサイドの中心地、エルギンを流れるロッシー川のほとりにあるグレンマレイ蒸留所で生産されています。グレンマレイ蒸留所の創業は1897年で、元々はビール工場だった建物を改修して誕生しました。1920年には、グレンモーレンジ社(当時はマクドナルド&ミュアー社)による運営が開始され、その後、2008年にフランスのラ・マルティニーク・バーディネット社が買収し、同社のブレンデッド・ウイスキー「ラベル5」の原酒生産蒸留所になると同時に、シングルモルト・ウイスキーの「グレンマレイ」と「グレンターナー」も生産しています。生産能力は570万リットル(2019年時点)で、熟成樽には主にアメリカン・ホワイトオークのバーボン樽を使用しています。グレンマレイ蒸留所のシングルモルトは、スペイ川流域の典型的な味わい(フルーティーでスイート)とは少し異なり、ややドライで、独特の柑橘系のフレーバーを感じられる点が特徴です。

明治屋ブランドサイト

ボデガス・ファウスティーノ

ルンガロッティ

カテゴリーから探す

ページTOPへ