さまざまな栄養素や抗菌作用成分を含むことから、料理好きや健康志向の人々に支持されるはちみつ。プロの料理人たちには、お菓子作りはもちろん、あらゆるシーンで活用できる万能調味料として愛用されています。こうしたはちみつの中でも、特に評価されているのが自然豊かなオーストラリアで育まれた「カピラーノ」です。そんな「カピラーノ」の特長を十二分に活かしたメニューをイタリアンのトップシェフ・神保佳永さんが伝授。いつもの料理がグンとレベルアップするので、ぜひ、お試しを!

和洋中、あらゆるジャンルの料理に使える
風味豊かで自然な甘味の「マヌカハニー」

はちみつは体に良いと言われているけど、デザートやフルーツ、パンにかけるぐらいしか思い浮かばない――という人は少なくないのではないでしょうか。もちろん、それでも十分においしいのですが、プロから得るちょっとしたヒントに、美味なる世界が広がりを見せます。

「実ははちみつは非常にすぐれた調味料で、僕はデザートだけでなく、いろいろな場面で使っています。ドレッシングやソース作りにプラスすると旨味や風味が増し、また、ビーフシチューやカレーなどの煮込み料理に加えるとコクやテリが出て、完成度が上がるんです。たとえば、ミートソース作りなどで、あとひと味足りないなぁ、なんて思ったことはありませんか? そんなときにもはちみつをプラスすると納得の味になるんですよ」(神保シェフ・以下同)

はちみつ使いについて、アイディア満載の神保シェフ。そんなシェフが推薦するのが、はちみつの中でも特別な存在と評価されるマヌカハニーです。

「おすすめは、オーストラリアのトップのブランド『カピラーノ』のマヌカハニーです。香りや味が上品なのはもちろん、このブランドには、さらっとさわやかなタイプから濃厚な味わいのものまでさまざまなタイプが揃っているので、和・洋・中、料理のジャンルを問わずに活用できますよ」

また、調理中の手間を省くために、片手で使えるように工夫されているパッケージも気に入っているそうです。

パンケーキの生地に練り込み、仕上げにもかける
美味なる「カピラーノ」のダブル使いはいかが?

カピラーノを使って神保シェフが紹介してくれたのが、フワフワでとろけるような舌触りのパンケーキです。

「今回使ったのは、カピラーノの中でもやさしい味わいの生はちみつ『オーガニックハニー』とキャラメルのような風味が特長の『アクティブマヌカハニーMG30+』です。『オーガニックハニー』のほうは、甘味と風味付けにパンケーキの生地に練り込みました。『アクティブマヌカハニーMG30+』は、焼き立てのパンケーキにかけて、湯気とともに広がる甘くて香ばしい香りを堪能していただけたらと思います」

マヌカハニーは特有の抗菌成分を含んでいます。コロナ禍の長引く自粛生活で、体調を崩している人も多いのではないでしょうか。

季節の果物を添えた穏やかな甘味のパンケーキで心も体も活性化。この機に、カピラーノのおいしさを体感してみてはいかがでしょうか。

今回使った「カピラーノ」はこれ

アクティブマヌカハニー MG30+ 340g

キャラメルのような濃厚な味わいで、マイルドなマヌカの風味が楽しめる。さまざまな料理と相性のよい普段使いできるタイプ。

 

オーガニックハニー 340g

オーストラリア有機認証の生はちみつ。やさしい甘さとすっきりした後味が特長で、ユーカリのフレーバーが楽しめる。

 

パンケーキ カピラーノ

材料

卵黄…3個分

卵白…3個分

グラニュー糖…40g

薄力粉…50g

牛乳15ml

カピラーノ「オーガニックハニー」…大さじ1と1/2

サラダ油…10g

レモン汁…小さじ1/2

生クリーム(動物性脂肪分40%以上のもの)…200cc

グラニュー糖…大さじ1

カピラーノ「アクティブマヌカハニーMG30+」…適量

バナナ…1本(お好きなフルーツ可)

粉糖…適量

 

作り方

1.生クリームとグラニュー糖(大さじ1)でホイップクリームを作っておく。氷を入れた器にボウルを入れて、冷やしながら泡立てる。

2.卵白を泡立てる。ある程度泡立ってきたら、グラニュー糖40gを3回くらいに分けて加えていく。最後にレモン汁を入れ、さらに混ぜる。

3.別のボウルに卵黄とカピラーノ「オーガニックハニー」を入れて攪拌する。

4.2回くらいに分けて、2に3を混ぜる。

5.4に薄力粉をふるって入れ、さっくり合わせたら、牛乳とサラダオイルを加えてさらに混ぜ合わせる。

6.5を絞り袋に入れて、中火で熱したフライパンに絞り出す(お玉などですくって入れてもOK)。

7.弱火にしてふたをし、ふたの端を少し開けながら、3分ずつ両面を焼く。

8.焼き上がったら皿に盛り、カピラーノ「アクティブマヌカハニーMG30+」と粉糖をかけ、適当な大きさにカットしたバナナとホイップクリームを添える。