ホーム > 工業製品販売事業 > D-BOLVIS®

工業製品販売事業

D-BOLVIS®

フランジ・ボルティング・シミュレータ

「フランジ締結を科学する」

D-BOLVIS®は、これまで見ることが出来なかったフランジの締結技能を可視化(ミエル化)することができます。科学的根拠に基づいた信頼性のある高品質なフランジ締結技能を短期間でマスターしていただけるトレーニングのお手伝いをさせていただきながら、お客様の現場力の向上のお役に立ちたいと考えております。

高圧配管を溶接するには、JIS規格に基づく資格を有する溶接士でないと溶接できません。

高圧ガス設備におけるフランジ締結部での事故事例統計

2007年から2011年までの5年間で、高圧ガス設備におけるフランジ部の事故件数の推移を図1に示す。過去5年間で、フランジ締結部での事故は、63件発生しており、2009年を除き、毎年10件を超える高い水準で事故が発生している。

※「高圧ガス設備におけるフランジ締結部の事故事例対策について」より抜粋

D-BOLVIS®開発の経緯

D-BOLVIS®は、(株)ダイセル網干工場で開発されたシステムで、生産革新を進める中で開発されました。
同社網干工場では、工場内の作業者にD-BOLVIS®により『技能をミエル化』し、技能に応じた作業を規定することで、重要フランジからの漏れを大幅に低減させることができました。

フランジ部からの漏れトラブルの約60%が施工不良が原因であると言われています。

作業者の技能向上は・・・

D-BOLVIS®によりミエルのは・・・・

・・・など、フランジ締結作業における基本動作が確実に出来るかが自動判定されます。
膨大な締付データを元に開発された判定アルゴリズムにより自動判定されることから、不足している項目が一目で分りますので、ポイントをついた効果的なアドバイスが可能となるので、短期間で信頼性の高いフランジ締結技能を身につけることができます。

締付の過程及び締付状態が一目で分り、締付ログが記録されます。

理想的な締付ログ例

低品質な締付ログ例

システム構成

【歪センサーボルト】

【4B 150LBS模擬フランジ】

ご存知ですか?「フランジローテーション」

販売

株式会社明治屋海上事業本部

D-BOLVIS®の無料体験会を開催いたしております。お問い合わせは下記まで。

問合せ先

〒658-0023 神戸市東灘区深江浜町90番地
電話 :078-451-0111
FAX :078-451-0259
担当 :有働、高橋

本社

〒104-8302 東京都中央区京橋2丁目2番8号
電話 :03-3271-1111(代表)
FAX :03-3273-6360

営業所

横浜、仙台、四日市、神戸、水島、広島、門司、大分

D-BOLVIS®は、株式会社ダイセルの登録商標です。(登録第5726504号)
株式会社明治屋は、株式会社ダイセルより使用許諾を得て使用しています。

ページTOPへ