コンテンツへスキップ
株式会社明治屋
明治屋News
商品情報 ストアー情報 企業情報 English Page オンラインショッピング レシピ
HOME > 2009年ボージョレ・ヌーヴォー
HOME
2009年ボージョレ・ヌーヴォー ボージョレ・ヌーヴォーの秘密
2009年ボージョレ・ヌーヴォー 11月19日(木)に解禁!
2009年ヌーヴォーのご紹介

店舗でお買い求めの方は明治屋ストア一覧をご覧ください。
店舗での購入はこちら
 
ボージョレらしい軽快で華やかなテイスト
J.J.モルチェ ボージョレ・ヌーヴォー2009
スクリューキャップ  
750ml ¥2,573(税込)
375ml ¥1,544(税込)
樽20L ¥84,000(税込)
鮮明な赤紫色を帯び、ボージョレらしいフレッシュないちごのニュアンスを感じさせるアロマを引き出す造りとなっております。全体的にフルーティーですっきりとした爽快感溢れるテイストに仕立てられています。少し冷やして頂くと、その味わいが存分に楽しめます。
品種:ガメイ 100%
“フレッシュ&フルーティー”ロワール地方の新酒
J.J.モルチェ ミュスカデ・ヌーヴォー2009
750ml ¥2,678(税込)
ボージョレ・ヌーヴォー同様、11月第3木曜日に解禁されるフランス・ロワール地方の白ワインヌーヴォーです。すっきりとした酸味とフレッシュ感溢れるワインです。
品種:ミュスカデ 100%
   
名門が造り上げるエレガントな味わい
モアラール ボージョレ・ヌーヴォー2009
750ml ¥2,678(税込)
375ml ¥1,607(税込)
150年以上の伝統を築いているブルゴーニュの名門モアラール社のヌーヴォー。
ストロベリーを連想させるフルーティーな香りと、新鮮な味わいが魅力的。フレッシュさの中にも、高貴なニュアンスが表現された造りとなっております。
品種:ガメイ 100%
 
毎年ご好評頂いている実力派ヴィラージュ・ヌーヴォー
モアラール ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2009
750ml ¥2,888(税込)
375ml ¥1,733(税込)
ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォーは、ボージョレ地区の北部約40の特定の村で造られる、ワンランク上のボージョレ・ヌーヴォーです。熟したプラムのような風味があり、ヌーヴォーでありながらも、しっかりとしたスタイルに仕立てられ、モアラール社の気品溢れるニュアンスも表現しております。
品種:ガメイ 100%
 
ワイン通をうならせるこだわりの逸品
コラン・ブリッセ ドメーヌ・デ・オスピス・シヴィル・ドゥ・リヨンボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2009
750ml ¥3,360(税込)
明治屋が自信を持ってお届けするこだわりのボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー。
昨年もとても人気のあった商品です。オスピス・シヴィル・ドゥ・リヨンは12世紀にローヌ・ヴィレッジに建てられた慈善院であり、この地にあるヴィンヤードは代々の所有者に受け継がれ、古くからワイン造りが奨励されていました。1994年、名門のコラン・ブリッセ社が販売権を獲得して以来、このアペラシオンの中で、最上級の品質として評価されています。
品種:ガメイ 100%
 
ページ上部へ
ボージョレ・ヌーヴォーの秘密 〜どうしてこんなに早くおいしいお酒ができるのか?!〜
日本でもすっかりお馴染みの“ボージョレ・ヌーヴォー”。
口に含むと、まるでお花畑に居るような心地になる、香り豊かでみずみずしい味わいは日本人の味覚にマッチし、お祭り気分を盛り上げてくれます。さて、みなさまは、どのくらい“ボージョレ・ヌーヴォー”のことをご存じでしょうか?
フランス・ボージョレ地方の新酒
11月第3木曜日が解禁日…

ここまではご存知の方も多いようですが、その特殊な造り方をご存知の方は少ないのでは…
ぶどうは9月に収穫され、11月に解禁… なぜそんなに早く、おいしいワインが出来るのでしょうか?

ここでは、 ボージョレ・ヌーヴォーならではの特別な作り方にスポットを当て、おいしさの秘密をご紹介致します。

ボージョレ・ヌーヴォーを造り出す“マセラシオン・カルボニック”という方法
まず、ぶどうについて

ボージョレ・ヌーヴォーに使用されるぶどうはガメイ種というぶどう。ストロベリーを想わせる香しい、みずみずしいワインを造ることができる品種です。
ぶどうをつぶさずにタンクへ入れて醗酵

ふつうの赤ワインの場合、最初につぶしたぶどうをタンクに入れて醗酵を行い、色と渋みを出していきますが、ボージョレ・ヌーヴォーの場合、つぶさずにタンクいっぱいぶどうを詰めていきます。ぶどうの重みで自然にタンク下部のぶどうが押しつぶされ、果汁が下に溜まり、ぶどうの実についている酵母によって自然と醗酵が始まります。果汁から、二酸化炭素が発生し、タンク内に充満。一気に醗酵が進みます。この造り方を“マセラシオン・カルボニック”と言います。
このようにして出来上がったボージョレ・ヌーヴォーは検査を受け、ボトリングされます。
 
ぶどう収穫から解禁日までのスケジュール
短期間に製品化され、全世界に出荷するヌーヴォーの準備で、秋のボージョレ地方は大忙しです。
ぶどうが収穫されてから、ワインが出来るまでの過程がお分かり頂けたでしょうか?
本当に“できたて”の味を味わうことができる“ボージョレ・ヌーヴォー”是非、今年の味をご賞味下さい!

ページ上部へ