コンテンツへスキップ
株式会社明治屋
明治屋News
商品情報 ストアー情報 企業情報 English Page オンラインショッピング レシピ
HOME > ボージョレ・ヌーヴォー2011
HOME
ここにカウントダウンタイマーが表示されます。

各店舗でご予約の方は明治屋ストアー一覧をご覧ください。

2011年ボージョレ・ヌーヴォー作柄情報 2011年ボージョレ・ヌーヴォー商品ラインナップ 明治屋のボージョレ・ヌーヴォーにあうレシピ

ボージョレ・ヌーヴォー2011 作柄情報

作柄情報(3) 9月26日
−ブルゴーニュ、モアラール社より、ボージョレのブドウ生育状況につきまして下記の通り続報のレポートがありました。

今年のぶどうは、この理想的な気候条件に恵まれ、きれいに色づき、しっかり凝縮して成熟しました。
私たちの畑では、収穫は乾燥した暑い9月10日に始まり、24日頃に良い条件のもとで終了しました。

収穫も気候のおかげで、大変良い収穫となり、果実もしっかり成熟し、色も深みがあり、量的にも多く、タンニンも熟しており、酸度も味を修正する必要はありません。

醸造は、最低6日間タンクに入っておりましたが、今、それも終了時期です。よってこれからボトリングして出荷するまで、ワインが熟成していくには十分な時間があると言えます。
フルーツのアロマだけでなく、花のノートもしっかりでるようなワインになるよう、期待をしております。

今年のボージョレ・ヌーヴォーは、丸く、繊細なタンニンを持つ柔らかなワインとなり、2009年のヴィンテージに近いものとなると思われます。

敬具

メゾン・モアラール ギヨーム・ダヴォー Guillaume d'Avout

作柄情報(2) 8月31日
−コラン・ブリッセ社より、ボージョレおよびマコンのブドウ生育・収穫状況につきまして下記の通りレポートがありました。

12月に多くの雪が降った後、2011年の第1四半期は3月の降雨量が平均以上であったのを除けば、非常に乾燥した気候でした。
4月と5月の気候は夏のような温度の日が続き、年初からの5ヶ月間の降雨量は、155ミリメートルと、観測史上最も少ないものでした。
ぶどうは通常よりも3〜4週間早く葉をつけ始めましたが、幸いなことに、遅い時期の霜に襲われることもなく、地域や黒ぶどうと白ぶどうにより多少異なりますが、5月10日から23日の間に開花を迎えました。 この間、雨が降らなかったため、ぶどうの木は非常に健康的で衛生的な状態で育ちました。

7月の後半には、一転して1980年以来の寒く、雨の多い天候となり、結果としてぶどうの成熟はゆっくりと進むことになりましたが、ボージョレ地域には珍しく、雹が降ることはありませんでした。 しかし、この7月の雨を含めても、2011年は非常に乾燥した気候のビンテージとして記憶されるでしょう。

今年のボージョレの収穫は、8月24日から開始という例外的に早い収穫となり、8月29日から9月3日にピークを迎えます。
果実は小さく、皮は厚く、優れた衛生状態にあり、アルコールは優れたビンテージであった2005年や2009年と同様に12%〜12.5%と高めで、酸度は2005年や2009年よりも低めです。 2009年、2010年に続き、3たび素晴らしいビンテージを迎えられることに感謝します!

マコンでは、収穫は8月27日にクレマン用のシャルドネから始まりました。 2010年は甚大な雹の被害に晒されましたが、今年の気候はシャルドネに寛大でした。ブドウは優秀な状態にあり、収量にも恵まれました。 昨年のワイン生産者の苦労と忍耐が報われました!

2011年8月31日

ゼネラル・マネージャー ベルトラン・デ・カイパー Bertrand De Cuyper

作柄情報(1) 7月中旬
−ブルゴーニュ、モアラール社より、ボージョレのブドウ生育状況につきまして下記のレポートがありました。

春の間中、天候は、例年よりかなり乾燥しており、雨のない晴れた日が続きました。 このことは、ブドウの木に好ましいストレスを与えました。
根が水を得るために地中深くまで伸び、ブトウの成長を促すこととなり、開花は通常より3週間早くはじまりました。
幸いなことに、これまでのところ、我々は深刻な雹も雷雨も経験しませんでした。

ブドウの生育は早く、その証拠に、かなり多くの畑で、すでにブドウに色付きが見られます。
収穫は、最高の出来であった2003年と同じく、通常より3週間早く、8月20日頃に開始されると推測しています。

2011年のボージョレは、収穫は例年より少なく、小粒で非常に良好な成熟度のブトウとなり、上質なヴィンテージとなることが期待されます。

敬具

メゾン・モアラール ギヨーム・ダヴォー Guillaume d'Avout

ボージョレ・ヌーヴォー2011 商品ラインナップ

JJモルチェ

ボージョレ・ヌーヴォー

例年、ボージョレらしいフレッシュないちごのアロマを引き出す造りとなっており、バランスの良い果実味とみずみずしさが大変ご好評頂いております。
今年もみずみずしく、フルーティーな味わいが期待できます。

商品詳細

モアラール

ボージョレ・ヌーヴォー

歴史あるブルゴーニュの名門ネゴシアンモアラール社がお届けする新酒です。
ブルゴーニュ地方ボージョレ−地区で今年収穫されたガメイ種の葡萄により造られた赤紫色のワインでフルーティな香気と新鮮さが魅力です。

商品詳細

ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー

歴史あるブルゴーニュの名門ネゴシアンモアラール社一押しのヴィラージュ・ヌーヴォー。
ヌーヴォーでありながら、熟したプラムの様な風味やチョコレートのニュアンスを感じる、しっかりとしたエレガントなスタイルに造られており、ご好評頂いております。

商品詳細

ボージョレ・ヌーヴォー・ロゼ

ボージョレ・ヌーヴォーは赤で有名ですが、実は同じボージョレー地方でガメイを使用してロゼも少量が生産されております。
収穫したぶどうは圧搾された後低温でフルーティーなワインに醸造されます。
外観はスグリを想わせるような色みの輝きあるロゼカラーで、ぶどうの果実本来のアロマに富み、軽快で芳香高いワインです。

商品詳細

コラン・ブリッセ

ドメーヌ・デ・オスピス シヴィル・ドゥ・リヨン
ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー

1821年創設。ボージョレ地方に数多くの優良ドメーヌを所有。1926年にはムーラン・ナヴァン・ド・オスピスの独占権を取得し、同社の名を馳せました。
1994年にはドメーヌ・デ・オスピス・ドゥ・リヨンの独占権も獲得してます。オスピスワインヌーヴォー唯一のつくり手であり、毎年繊細でバランスのとれた味わいを生み出しています。

商品詳細

マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー

マコンのエキスパートでもあるコランブリッセがつくる100%シャルドネの新酒。マコネー地方南部の小さい丘で栽培・収穫されたぶどうは果実味を最大限引き出すためステンレススチールタンクで低温で発酵後、(ワインの酸度によって)液体の一部または全体をマロラクティック発酵させます。フルーティーさと溌溂さを備え食事に合わせやすい味わいです。
よく冷やしてお召し上がり下さい。

商品詳細

明治屋のボージョレ・ヌーヴォーにあうレシピ

オイスター和風&洋風おつまみ

オイスターをオーブンで焼いて、スモークの香りを引き出し、チーズと味噌のコクで深めたうま味は、ベーシックな「ボージョレ・ヌーヴォー」のフレッシュ&フルーティさを際立たせます。

イチゴジャム de 真鯛のカルパッチョ

脂の乗った旬の真鯛に、甘酸っぱいイチゴジャムソースを添えたカルパッチョは、スッキリとした味わいの「マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー」と相性ピッタリです。

明治屋レシピ集


ワインをもっと楽しもう!